デザイン鑑賞部2

ポスターアートとかグラフィックデザインのことなど

ポスターを送る

goldenbee.jpg
goldenbee2.jpg上の2枚が第10回モスクワ国際グラフィックデザインビエンナーレ(Golden bee 10)に入選しました。ありがとうございます。

チャンスがある限りいろいろなポスターコンテストに出品していますが、近年その方法が変わってきているのでメモ。
例えばこのゴールデンビーは、まずポスターを送らないのです。ポスターの大きめなJpegデータをサイトからエントリして、多分それを審査員が画面で見て、入選・落選が決まり→入選者だけ現物を送る。

以前はポスターの現物を2枚、とか送ったものです。その昔はポジフィルムまで送らなければいけない、などありました。それはこっちのお金、時間、手間がかかるのですが、先方は製版の手間が省けました。(だいたいエントリは無料なので、お互いなるべく損や苦労はしたくないですよね。)

その後は最近までポスター現物と画像データをCDで別送、という形が多かったです。
また、現物が「オフセット印刷またはシルクスクリーン印刷のものでなければいけない」というルールもあったりしたのですが、今はあれよあれよという間に「デジタル出力したもので可」、となってしまい、「印刷」されたものが価値があった時代が昔になってしまいました。
上の2枚も現物はちゃんとオフセット(B2サイズ)なのですが、出力でもいいとのことで、大きくて見栄えの良いB1サイズに出力したものを出品しました。

外国に送る時も悩みが多く、航空便が安いのか、「印刷物」として送るのか、EMSがいいのか(←今のところベスト)、などや、「インボイス」という紙を書かなくてはいけないのか、とか、先日スロバキアに送った際には郵便局の人に「あちらでは印刷物や図案は禁制品だから届かないかもしれない」など言われたりしました。(←ちゃんと届いたようです)

いつも下の写真のように決まり事で「Printed matter with No commercial value」と筒に書く瞬間がお気に入りです。

  1. 2012/07/21(土) 14:20:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

反原発ポスター展@名古屋芸術大学

stopnuclear.jpg
名芸での展示はもう済んでしまったのですが、反原発ポスター展と、中日新聞の記事にリンクしときます。
原発が再稼働してしまいましたが、日本のいろんな場所でデモがすごいです。
テレビだけ見て知ってる気になっちゃだめです。
ポスター展なんて無力だなと感じていたのですが、先日、デモの様子をネットで見て、アピールすることはすごい大事だなと思いました。
ここに、こう思う人がこれだけいる、と伝えることです。
  1. 2012/07/06(金) 21:23:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1