デザイン鑑賞部2

ポスターアートとかグラフィックデザインのことなど

ポスター旅行(メキシコ)2日目・後半

さてさて夕方、ビエンナーレです。
メキシコビエンナーレは、いつも送っているのですがなかなか入選しないのです。だから今回行くと決心しました。
あと他と違うところはエントリー料金のかわりに「デザインに関する書籍の寄付」があります。だからいつもポスターと同時に本を別便で送ります。オークションで売って運営にあててるみたいです。

ホテルから200m東、暗いとはいえ夕方6時台なので怖さはなし。「Museo Franz Mayer」は元修道院だったそうです。なんかそんなところ多いな。
DSCN0201.jpg

入り口。壁が真っ赤ですね。
DSCN0314.jpg

まず何はともあれ自分の作品を探しますよね^^
↓ありましたー!(真ん中上の薄緑のです)↓
DSCN0266.jpg
確かに海をこえて地球の裏側で展示されています〜。感動!

自分の作品の前でうろうろしていたら声をかけられました。
なんと、Facebook上だけで知ってるボリビアのデザイナーのスザーナさんでした!(超やさしい、めちゃ英語うまい)
写真の後ろ、羽の絵柄のが彼女の作品です。ボリビアからは、彼女を含め3枚入選したそうです。
DSCN0216.jpg
って、ボリビアって言ってもウユニ塩湖以外何にも知らない。でも、今度ビエンナーレもあって、なんかすごく元気があって楽しみな国という印象ですよ!!

会場は、おそらくメキシコのデザイナーまたはデザイン学生でごったがえし。
他にも、日本人のデザイナーの方達や、アアルト大の先生マルちゃん、ワルシャワやラハティで会ったことのあるデザイナーさんたちなどに会えました。
DSCN0218.jpg

会場の隅にも「死者の日」の飾りがありました。
DSCN0222.jpg

あちらではマリーゴールドが死者の日の花なんだそうで、いろんなとこで見ました。ちぎったり、そのままで装飾。
足下のは、キャンドルを紙袋にいれてあるものです。
DSCN0223.jpg

オープニングセレモニーが近づいてきました。真ん中に噴水のある四角い庭を囲んだ回廊状の建物です。庭に面した廊下の壁に、入選したポスターが飾られているのが分かると思います。
DSCN0245.jpg

さっそく入賞作品の発表です。庭の一角にスクリーンが立てられ、審査員も前に集まります。
カテゴリーごとに作品名、作者名、ポスターの画像が紹介され、拍手とどよめき。
この画面に映ってるのは学生カテゴリの「エコポスター」で、マルちゃんの学生さんでした。
DSCN0250.jpg
あとはめいめい挨拶したり写真とったり話し込んだり。

これは確かに展示物なのですが、なぜか付箋が^^おおらかだ。
DSCN0268.jpg

イモ洗い状態。このタコのも賞に入ってました。
DSCN0288.jpg

飲み物が出されているようなので行ってみたらジュースでした。ちょっと残念。
DSCN0294.jpg
かなり長居しました。

・・ということで、多くのデザイナーのみなさんはけっこう離れた同じホテルに泊まるそうなので、一人でダッシュでホテルに戻り、ビール。
一瞬「テキーラ飲んでみる?」という心の声も聞こえたのですが、「いや待て大胆すぎるだろ」と思いとどまりました。
ビールもいろいろあって、レストランのお兄さんが説明してくれたけど、その中で一番「お兄さんが好きといった&名前が簡単だった」「モデロ」にしました。ビアグラスくれんかったので直に飲む。さっぱり系。
DSCN0315.jpg


◎ポスター旅行(メキシコ)
1日目 (2012.10.29 メキシコシティへ)
2日目・前半 (2012.10.30 メキシコシティ観光とオバマ展)
2日目・後半 (2012.10.30 ビエンナーレ)
2日目・追加 (2012.10.30 足跡)
3日目・前半 (2012.10.31 メキシコシティからケレタロへ)
3日目・中編 (2012.10.31 ケレタロ到着とお昼ご飯)
3日目・後半 (2012.10.31 ケレタロ、図書館での展示)
4日目・① (2012.11.1 ケレタロ講演の前に街歩き)


★お知らせ★

「図工の思い出プロジェクト」
という掲示板を始めました。
あなたの小中学校の時の図工の思い出を教えてください!
↑おかげさまで何人か書き込みをいただいたり、インタビューしたのを載せたりで、おもしろいです。訪問だけでもどうぞ(^^)↑

  1. 2012/12/28(金) 22:40:25|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ポスター旅行(メキシコ)2日目・前半

メキシコ最初の朝。(2012.10.30)
このホテルはバイキングじゃなくメニューから注文するスタイルでした。数種類食べたいからいろいろ頼んだら多すぎた^^うまかったし辛いのもあったし、豆ととうもろこしが印象的なメニューだった。
DSCN0103.jpg
↑これはパンケーキ。

昨夜、お金の計算も合わず、一瞬怖い思いもしたので「メキシコは怖い」という思い込みがまだあって、ちゃんと生きて帰ろう、そのためにはどうしたらいいかな、と食べながらずっとシミュレーションしていた。
DSCN0104.jpg
窓の外は普通のメキシコで、バス停の目印もない所でバスが止まって慣れた人は乗り降りしていた。乗るなといわれている「リブレ」というタクシーがたくさん走っている。いろんな人が通り過ぎた。
ちゃんとすれば大丈夫、と言い聞かせ出発。
この日夕方に近くの美術館でビエンナーレのOPがあるので、それまで自由時間だ。昨日一つも観光ができなかったので、午前は近くの観光地から慣れてみることに。

ではまずメトロの練習もしてみねば。ということでホテルの近くのメトロの駅から「ソカロ」という大きな広場まで乗ってみる。1回3ペソ(18円)なので便利。移動はもっぱらメトロにしようと決めていた。窓口でまとめて5枚買ってみた。怖くはなかった。

メトロから出るとその広場はすぐ。カメラも見せびらかさない方がいいとのアドバイスもあったので、わざわざ警官が立ってる近くで撮影した。
「メトロポリタンカテドラル」を見た後「国立宮殿」(共に無料)へ。荷物検査をして中に入る。ディエゴ・リベラの大きな壁画が見所。
DSCN0109.jpg
観光地の中はさすがに平和。トイレも借りる。

次にまた近くの「テンプロ・マヨール遺跡」へ。遺跡だけど街の中心にある。遺跡の間を歩けるんだけど写真でみたまんまなので特に感想もなく「こんなもんかな」という感じ。展示館もあって、時々かわいい意匠がある。
DSCN0134.jpg
遺跡に入る前に水を持ってたので「今飲んじゃうか荷物を預けて」と言われ預けたんだけど、うっかりiPhoneをカバンにいれたままにしてしまって、「もし音が鳴ったら持ってることがばれて盗られちゃうかも」と心配していたのですが、大丈夫でした。
そして、このへんから、会う人会う人みんな優しくて素朴であることに気づいてきた。ホテルの人はもちろん、メトロの切符の窓口のおばちゃん、修学旅行の学生たち、警備の人、預ける部屋の係の人、切符を切る人などなどなど。

後から思うと、この周辺が一番ゴミゴミしてた。あやしい土産店もたくさん、こわそうな人もたくさん。
DSCN0138.jpg
でも普通の人は優しいぞ、と気づいてからだんだん「こんな感じがデフォなんだ」と思え、少し何かが分かってきた。
11月2日が「死者の日」といって日本のお盆のような日で、そのための飾りがいたるところにありました。よく見たのはこのヒラヒラとガイコツです。

とりあえず高いところに上ってみる。「ラテンアメリカタワー」から西方向。
DSCN0153.jpg
曇りのせいかスモッグのせいか遠くはうっすら白いですね。人も車も建物も多いですね。右の緑色の公園は工事中で入れませんでした。

朝ご飯の食べ過ぎでずっとお腹が減らなかったけど、のどはかわくし、高地なので空気が薄く、微妙に息もしづらい。カフェで休憩。
次にディエゴ・リベラ壁画館へ向かう途中で、かわいいドクロのお菓子と目が合ったのでスーパーに入ってみた。

↓ドクロのパン!
DSCN0165.jpg

で、壁画館は修理中で1枚しか壁画を見せてくれなかったのに、一丁前の入館料を取ったのでちょいと笑って一旦部屋に戻ってちょっと休憩。
ホテルの屋上のバー(これも休業中)から交差点をながめる。
DSCN0169.jpg
午後は、まだ時間があるので、ビエンナーレのイベントのひとつ、「オバマポスター展」を見にいくことに。
今回のビエンナーレの中心地は「ケレタロ」という、北西にバスで3時間行った街なのですが、ビエンナーレの本会場と、なぜかこの展示だけメキシコシティで行われたのでした。

DSCN0172.jpg
メトロの駅の表示。全部の駅にアイコンがあって、多分文盲の方など、様々な方たちに対応しているんだろな。と思って異文化を感じた。色は線路で分けてある。メトロは安いのでいろんな人が乗り込んでくる。物売りも。

オバマ展会場。
DSCN0184.jpg

展示は「オバマ」がテーマで、メッセージの内容は肯定派がほとんどだった。表現はいろいろで、タイポグラフィとか、オバマの姿をいろいろ加工したもの、考えを抽象的に表したものなど。
私はこれ↓が好きだった。
DSCN0182.jpg
左はあんま意味が分からんかったけどかわいい。
右は朱と青がまじって茶色の部分がオバマさんの顔の形になっている。

ギャラリーの外観。ここの周辺はソカロ周辺と違い都会っぽくちょっとおしゃれな感じだった。
DSCN0186.jpg

ここでもトイレを借りた。これは洗った後の水をぬぐうペーパータオルホルダーで、「ひじでレバーを下げる」と紙が10cmほど出てくる。他のトイレも「ひじでレバーを下げる」ルールが通用していた。
DSCN0183.jpg

せっかくおしゃれエリアに来たので少しふらふらしてついでにどこかで晩ご飯を軽くいただこうという算段。
歩いていたらど派手なオブジェがたくさん並んでいた。これも「死者の日」のイベントの一環でしょう。
DSCN0191.jpg

アップ。草間彌生〜と思いました。(^^)
DSCN0192.jpg

よさげなタコスのお店があったので入る。
DSCN0196.jpg
やはり店のお兄ちゃん(奥の赤と黒のしましまシャツが制服)など良い人ばかりだ。

机にはすでに数種のソースが並んでいて(上段)、自由にかけていいみたい。とりあえず2、3試したけど、みんなさわやかに辛い。でもうまかった!ジュースはハイビスカス味。
DSCN0195.jpg
辛さにうっすら汗をかいて出た。

ビエンナーレOPまでの時間に合わせ、あと1つぐらいならどこか寄れる、ということでお土産で有名な「シウダデラ市場」へ。しかし時間が遅かったのか、ほぼ閉まっていたのであった。
(でもまあ開いていても値段のついてないものを買う勇気はなかった。)
DSCN0198.jpg

後半はビエンナーレ!


◎ポスター旅行(メキシコ)
1日目 (2012.10.29 メキシコシティへ)
2日目・前半 (2012.10.30 メキシコシティ観光とオバマ展)
2日目・後半 (2012.10.30 ビエンナーレ)
2日目・追加 (2012.10.30 足跡)
3日目・前半 (2012.10.31 メキシコシティからケレタロへ)
3日目・中編 (2012.10.31 ケレタロ到着とお昼ご飯)
3日目・後半 (2012.10.31 ケレタロ、図書館での展示)
4日目・① (2012.11.1 ケレタロ講演の前に街歩き)


★お知らせ★

「図工の思い出プロジェクト」
という掲示板を始めました。
あなたの小中学校の時の図工の思い出を教えてください!

  1. 2012/12/22(土) 15:01:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0