デザイン鑑賞部2

ポスターアートとかグラフィックデザインのことなど

極小美術館・三井園子展、篠田高士展 OP 2012.6.9



↑クリックでアルバムページヘ↑

この日は風邪をひいてたので記憶がぼんやりしてるのですが、写真はがんばって記録してきました(^^;)

三井さんの作品は、布にパッチワークとかペインティングでいわゆる平面的かと思いきや、表面のディテールとか、壁から床に有機的な感じにたれてるところがユーモラスです。こんなに大きいものは初めて見ましたが、迫力で展示室が狭く見えるほどでした。

篠田さんの絵は、心のおもむくままに描いたもので、何に見えるかは見る人による、という自由な感じでした。青色にはこだわっているみたいです。油絵の具とテンペラを組み合わせているそうで、色や部分ごとに反射の様子が違います。

健康第一!
  1. 2013/06/18(火) 11:33:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0