デザイン鑑賞部2

ポスターアートとかグラフィックデザインのことなど

ボリビアポスタービエンナーレ2017入選

今年のボリビアポスタービエンナーレに1枚、記憶の図工室のポスター(ロダンの「考える人」の顔のイラストの)が入選しました!
23795745_1663164660371574_1630850202667782133_n.jpg
↑この右下の緑青色のやつです、写真はビエンナーレのページからお借りしました。
BICeBé | Bienal del Cartel Bolivia :: Biennial of Poster Boliviaさんの写真
2年前行ったんだなーと思い出しながら、FBの友達の写真を眺めています。
みんな楽しそう。
また行きたい!(←もう大変だったのを忘れている)
今年は、春にラハティへ行ったのでもう外国へは行けない(^^;)👛
写真、ラハティで会ったパリサさんもいらっしゃる。
彼女のように世界のあちこちに呼ばれるようなデザイナーになりたいものです^^

23905611_10156041870720739_3429154854907332613_n.jpg
また、このイベントではイタリア人の哲学者のウンベルト・エーコさんの追悼ポスター展があり、招待され出品しました。この写真の左下の真ん中に似顔絵とピンクの点が重なっているやつです。
写真はAAmor Est Vitae EssentiaさんのFBからお借りしました。
AAmor Est Vitae Essentiaさんの写真
招待されたことがとてもうれしい!
他の作品もおもしろいねー。
やっぱ具象がいいな。
好きかな。
日本人にとってウンベルト・エーコさんって、なじみが薄そう。書いた本何冊も日本語であるので、好きな人は好きなんだろうけど。どんな人かっていうと、すごい物知りで、その知識を思想や執筆に生かして表しました。有名なのは「フーコーの振り子」とか「薔薇の名前」でしょうか。(すんごい長くて重い本だそうな、そして多少オカルティックらしいです)
とか言っても、私もよくわからないので、でもボリビアの人たちが追悼したいというので、ボリビアでは(てか世界中で)有名なんでしょう!ということで調べましたよ。
調べましたよ。(←2度目)
私も何か読もう!と思い図書館で本を借りましたが、数ページで断念し返却、彼が文章を書いた絵本「爆弾のすきな将軍」「火星に行った3人の宇宙飛行士」を買いました!読みました!そしてその絵!同じくイタリア人のエウジェニオ・カルミさんの絵がすごく気に入ったので、それを頭に浮かべながら似顔絵を描きました。なかなか似ないんだけども(^^;)
ちなみになかなかナイスおじさんなので検索してみてちょ(さすがイタリア人、フェロモンがあふれています)
私のポスターの絵の内容としましては、原子と記号論を組み合わせた感じです。
うまく説明するにはちょいと頭が必要(><;)
(フーコーの振り子は地球の大きさを測れるとか、その形が原子を中心に陽子が回ってる様子みたいとか、記号はいろんな意味に取れる、とか、、、)

行けないから写真はあきらめてたんだけど、こうやってみれるとやっぱいいですね!
また機会を作ってどっかに遊びに行きたいです。
いきますよ、まじで
  1. 2017/11/25(土) 12:27:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0