デザイン鑑賞部2

ポスターアートとかグラフィックデザインのことなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

極小美術館・保田春彦展へ行ってきました。

極小美術館・保田春彦展OP_110417

オープニングは、保田さんご本人が東京からいらして、それを慕って大勢の方が集まりました。
霞間ヶ渓の桜はちょっとだけピークを過ぎていましたが、十分すてきな春の日でした。
作品は、1階の中心に、もこっとした家のような電車のような虫のようなユーモラスな形の木彫。壁のドローイングは人間中心で独特のタッチ。3階は和歌山県立近代美術館からのは、金属で直線的な形なのに中に人が住んでいそうな気がしました。また、大作のための小さな試作と思われるものは、かわいいけど存在感がありました。
どれも、見ると少しにこっとしてしまうような感じがあると思いました。
保田さんは、「筋を見る」「試作の模型を大きくしていくのが大変」とおっしゃっていました。
感想は私の主観なので、ぜひ足を運んで直に見られるといいと思います(^^)
  1. 2011/04/20(水) 22:17:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<牛乳に相談 | ホーム | はるばるー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://m8gw10mk.blog96.fc2.com/tb.php/115-a2510331
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。