デザイン鑑賞部2

ポスターアートとかグラフィックデザインのことなど

目が止まったもの

IMG_1407.jpg先日必要になったので銀行でこれを買って、書類に貼ったらすぐ提出しなきゃなので、見られる間はほんの瞬間だったので、メモとして写真撮りました。
銅版画みたいな味わい深い感じですねい。
銀行で買ったけど領収書に「売りさばき所」ってあったんだけどあんま普段使わん日本語やね。

IMG_1376.jpgこれは郵便局で。ゆうパックの箱っぽいけど、すぐフランスでこういう箱買って日本に送ったの思い出した。もし外国人がこれ見たら「わお日本デザインやっほー!」って思うと思うんや。。
それでなくても、用がなくてもかわいくて買ってしまいそうでした。
かっこいい。。
こういう絵柄の吸引力はすごい。
末長く売られるとよいなー、私が何か使うまで売っててください。

IMG_1375.jpg
  1. 2016/11/10(木) 23:55:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第10回大垣国際招待ポスター展!

スクリーンショット第10回大垣国際招待ポスター展が始まりました。
期間中は土曜日も開いていますので、世界の最新のポスターアートをぜひ見に来てください。
20カ国のデザイナーの、約130点を展示しています!
12月22日(木)まで。
日本国際ポスター美術館

主題はアートっぽいもの、社会へのメッセージ、実用のもの、などいろいろあります。
印刷も、こんなシルクスクリーン?!とか、蛍光インクのものはぜひ直に目で見て欲しいです。
ポスターから世界が垣間見れます。

世界の街角を彩るポスターアートを一度に見られる素敵な展覧会です。ぜひポスター美術館へ足をお運びください!
大垣駅からバスも出ています。

新聞小

IMG_1377.jpg IMG_1379.jpg IMG_1382.jpg
IMG_1384.jpg IMG_1393.jpg IMG_1394.jpg
  1. 2016/11/09(水) 11:14:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極小美術館 高北幸矢展・小野允子展OP_2016.10.9



http://photozou.jp/photo/list/3199763/8947956

twitterには書いたのですが、高北さんが「『インスタレーション』は作家が死んだらできない」とおっしゃってて、なるほど!と思いました。

ピカサが終わっちゃったので「フォト蔵」というサービスにしてみました。
そのうち遡って過去のものもあげなおすかも。
  1. 2016/10/25(火) 12:17:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぶくパル!

スクリーンショット2016-10-01名古屋で、若者が古本屋さんのような活動をする事により自身の支援となるスペース「ぶくパル」のサイト(http://book-pal.net)のグラフィックをデザインをしました。
古本を引き受け、きれいにして、売る、ということを中心に、いろんなことやってらっしゃいます。(詳しくはサイトへ)

ぶくパルには、打ち合わせに数度行きました。なんかおもしろそうな本がいっぱいありました。
イベントにも1度参加しましたが、けっこうおもしろかったです。普段出会えない人に会えます。

そしてこのお仕事は友達つながりでできました。そういう面でもありがたくおもしろい機会でした!感謝!
すてきな活動が長く続きますように。
  1. 2016/10/02(日) 12:21:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイス!(友達より)

統合

どうもこれまで使ってきたフォトサービスのピカサが終わっちゃったようで、これまでのアルバムもよく見えないっぽい?
写真の使い方どうしよう。。
と思っていたら先日友達がスイス行ってきたと写真をくれました!
とりあえずこのようにマス目にして載せてみました(^^)b
ちょっと小さくなっちゃった。
ありがとうございます!!
スイスいいですね!
ヘルベチカ!、、のやつは2、3枚?でしょうか。フォント厨じゃないのですみません(^^;)
友達の視点もあるのでしょうが、こんなに大きくてきれいなポスターいっぱい。
下段の帽子かぶった広告塔、スイスでは珍しいですね。
今年は外国行けてないので、目だけ堪能しましたo(^^)o
また行くぞ〜
  1. 2016/10/01(土) 10:38:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アールブリュット的な(でも違う)

IMG_1202_20160923230405049.jpg毎年ポスター美術館は大垣市のスイトピアセンターで「高校生ポスターコンクール」ってのをやるのですが、ちょいと今年は見に行けず、その選抜展を今日ポスター美術館で見ました。
今年はK先生たちの反応から内容があんまりよくなかったのかな?とおもっていたのですが、逆にみんなうまかったです!
これは賞を決めにくいわ。
みんながうまい様子はサイトや下( ↓ )の写真を参照してください。

それはそれですごいんだけど、私がその中で目につくのは、左に挙げたようなやつでして、本当に本能的に目が引き付けられまして、これってなんやろうね?
考えてしまいました。言葉でうまく言えないわー。

気が抜けてるというか。
だだくさじゃないです。
下手な子ももっといます。

うまい子たちはみんないろいろ考えてアイデア出して、一生懸命描いて、でも違う。こちらは砂の中の宝石みたいな感じ。

ま、私は砂でしたね(^_^;)

あ第15回全国高校生ポスターコンクール選抜展は日本国際ポスター美術館で10月7日まで〜

IMG_1204.jpg
  1. 2016/09/23(金) 23:18:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちゃんとしたもの

るーぶるasuke.jpg

この夏は「アートになろう!」について論文を書いており、あんまりお出かけできませんでした。
出かけないと、新しいデザインにも会えませんね!
その中でもよさげなポスター2枚、アップしときます。
左は愛産大にスクーリングに行った時の、右は昨年お世話になった足助の街です。
ひきこもってると貧しい気持ちになりますがこうやってみると日本は視覚文化に恵まれてるなーと。

「とと姉ちゃん」の商品試験の件でアカバネが「1円でも安く」って言ってるの、うまいことダメに描いてあって、まだ決着がついてないですけど、うーん、
昔スクーリングに、100均一で買ったポスカラと筆を持ってきた子がいてその事自体信じられなかったのですが、やっぱ品質ダメでしたね。
最近、K先生のお父さんの作品や、美濃和紙や郡上発祥であるシルクスクリーン印刷にふれる中で、「ちゃんとしたもの」はやっぱいいなーと思えることが多かったから、単に「昔がいい」んじゃなくて、ほんとに「ちゃんとしたもの」の良さをたくさん見つけられたらいいなと思いました。
  1. 2016/09/14(水) 10:09:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第14回メキシコ国際ポスタービエンナーレ入選

スクリーンショッメキシコ入選しました!ありがとうございます。
日本国際ポスター美術館ポスター美術館の「第13回全国高校生ポスターコンクール(ポスター甲子園)」のポスターです。
B2サイズオフセット。
内容は「甲子園」なので野球、背番号に回数、バットはポスターを丸めた筒。
です。
  1. 2016/08/02(火) 22:23:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近のお仕事で作品ぽいもの2つ

スクリーンショット21.「てにておラジオ」という、メディアコスモスを拠点としている岐阜の市民ラジオの番組が、4月からFMわっちの中でも放送されることになりました。
それに参加もできますよー、というお知らせのチラシです。
ほんのちょこっとラジオでしゃべる機会をもらった時に、うまいかどうかは置いといてけっこうおもしろかったので、なにかしゃべりたい人は参加されるといいと思います。
表紙のイラストは、耳から入るものがハッピーなものであってほしいなという感じです。

↓リンク↓
bnr_teniteo.jpg



スクリーンショット12.ウィーン岐阜合唱団の定期演奏会のチラシです。K先生がずっとやってたのですが、たまには交代してみました。
今度7月31日(日)にコンサートあります〜。
歌の中に「こども歳時記」というのがあって、12ヶ月それぞれの歌詞の内容が、歌ってる女の子の頭に浮かんでる様子です。夏だから褐色のお肌です。

↓リンク↓
ウィーン岐阜合唱団
  1. 2016/07/26(火) 12:27:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極小美術館 若杉しのぶ展、矢橋頌太郎展 OP 2016.7.3

DSCN3622.jpg

先日すごい湿度の中、極小美術館で2つの展覧会のOPがあり訪れました。
↓アルバムはこちら↓
https://goo.gl/photos/iEB5vx1rS92C8xze8

若杉さんの作品は、リーフレットで見るより大きくて感じもよく、空気が動く感じがよかったです。絵の具などの重ね方をそこにいらした山内さんと話している様子を横で聞いてたのですが、描くのを楽しんでらっしゃる様子でした。

矢橋くんのは私は新しい?赤い背景のが好きでした。一見全部つむじなのですが、角度が変わっていたり、つむじ以外のヒントの出し方がいろいろあって、聞くとご自分でもいろいろ試している様子。

どちらもお話を聞くとぶわーっと想像が広がってよいですね。だた見るだけじゃなくてやっぱ本人と話さないと。そういう楽しみ方は別に誰も教えてくれなかったけど自分で覚えました。きっと誰でもそうしたらもっと楽しいですよー!
作者も何か話したいだろうし、作品の外見以外のところに新しい発見があることがたくさんあります。美術館やギャラリーってそういう場所だと思います。
  1. 2016/07/07(木) 13:28:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ