fc2ブログ

ポスター旅行2019_トリノ2

未分類
01 /14 2020
1はコーヒーについて。2は食べたものについて。
イタリアはグルメの国のように思えるけど、正直な感想としては普通。まずくはなかったけど、サイゼリヤの方が素直に美味しく思える自分の味覚は完全にしつけられた庶民です。また、そういう高級な所にはほぼ行ってない。
あえて一番それに近いのは3.5.6のワインレストラン「トレ・ガリ」。トレガリは3羽のニワトリという意味。
まるっと4日間も同じ都市にいることは少ない中、トリノに腰を落ち着けていろいろ食べられました。

IMG_2717.jpg
1.奥に「グリッシーニ」という細い堅焼きのパン。これは何かを注文すると必ずでてくるもの。自由にいただく。ふつうにおいしい。
手前はトリノというかピエモンテ州の名物だという「アニョロッティ」、いわゆるラビオリ。四角い肉詰めパスタ、ソースもミート系、悪くないけど多くて途中で飽きてきた。

IMG_2757.jpg
2.トリノ発祥のチョコレートとコーヒーを層にしてあるドリンク「ビチェリン」を、その名のお店「ビチェリン」でいただきました。あたたかい。お店は忙しそうで注文を忘れられていたのが思い出。嫌な感じではなかったがこういうことはすごく覚えている。

IMG_2786.jpg
3.私のポスターが貼ってある通りの端にあるワインレストラン「トレ・ガリ」。6時半にオープンと書いてあったのでその時間に行くと、まだ食事は出してないけどいい?と聞かれる。「アペリティーボ」だった。ワイン数種類の書いてあるメニューをいただき、白ワインを1つ選ぶと、オリーブ、ポテチ、パンみたいなのを一緒に出してくれた。ポテチは湿気気味だったけど全部おいしかった。なんのご縁なのか、知らない街でワイン飲みながらゆっくりできて自分のことなのに「いいなー!」「いいなー!」って思いながら過ごした。

IMG_2835.jpg
4.このカフェのお向かいには、中庭を挟んでギャラリーがあり、グラフィックデイズの1つの展示が始まるので、この日はそれを目がけて出かけた。でもそれはすぐに見終わってしまったので、次の何か観光を考えないとな、ということで、その時あまりにも喉がかわいていたから何かカフェでいただきながら考えようと立ち寄った。
フレッシュオレンジジュース。絞った感じで濃くておいしかったです。多分、障害者の方も何人か店員として働いており、私はオレンジジュースだけを頼んだんだけど、お食事のときに出されるグリッシーニを持ってきた。なんとなく違うよな、と思い手をつけずにいたら、後で他の店員さんがグリッシーニは引いてくれた。

IMG_2851.jpg
5.これは3の私のポスターが貼ってあるレストランの晩ご飯1。3の時のように外で、ポスターを眺めながら今度はお料理をご馳走になろうとリベンジした。この「ヴィテッロトンナート」は、トリノの名物で、牛肉の薄切りにツナのソースが乗っているもので、前菜です。注文したらワインをたのみ、グリッシーニをいただきながら待つ。
調べていたので素材は知っていたけど、食べた感じ、牛肉っぽさがなくて、お肉は鶏ハムみたいなさっぱりした印象で、ツナの主張が強い。ツナマヨです!!!っていう感じで量も多かったので、肉を食べた感じがなくて、まあ、悪くないけど、シーフード料理に分類される方が合ってると思う。でも味は!よかった。グリッシーニにつけて食べるのもおいしかった。

IMG_2852.jpg
6.さっきの続きで、本当はポルチーニのリゾットを炭水化物として食べたかったんだけど、2人前からしか注文できないと言われ、迷っていたら「じゃあこれがおすすめ」と言われて、「シビレのたたきと豆のカボチャスープ」を注文することになった。豆はそんな好きなわけでもないが、おすすめにも弱い自分。結果的にはおいしかった。豆を見直した。
なんで中で食べることになったのかというと、外の席にもう座ってたおじさんが、物乞いにお金をせびられていたから。これでいいんだ!

IMG_2918.jpg
7.ジャンルーカさんに教えてもらって行った「リボリ城」はトリノの中心から少し離れているが、山の上にあり街を見下ろす眺めもよいし、城自体が現代美術館になっているので楽しかった。そこに併設されているカフェ。テラスもあるし中でもいただけた。ズッキーニのパニーニとオレンジジュースをいただいた。あたためてくれて、外で食べて、おいしかった。
ただし実はその時ジャンルーカさんご夫妻と待ち合わせでランチに行こうとしていたのに、数字を勘違いして結局行けなかった、ということがあった。それに途中から気がついて、楽しむどころではなくなってしまった。
体調に関して全体的になんか悪かったんだとおもう。健康だったらもっと落ち着いて楽しめたのに。

IMG_2946.jpg
8.トリノの名物にチョコレートがある。おみやげにおいしそうなやつを買おうとチョコレート屋さんをのぞいた。カフェもやっているみたいだったので、外でチョコのジェラートをいただいた。
ジャリジャリして、濃厚でおいしかった。
ただしこの時も物乞いが来て手を出すので気分が少し盛り下がった。

IMG_2968.jpg
9.これは3日目ぐらいに、カフェやらお昼やらいっぱいいただきすぎて晩ご飯はもういいや、でももうちょっとだけ何か、ってなった時のもの。スーパーでこういうセット(硬いパン?、ハム、チーズ)を売ってて、ちょうどいいと思って買った。多分おつまみセットという感じなのかもしれない。このサイズでもう数種類お店には並んでいた。

IMG_3030.jpg
10.これはジャンルーカさんとのお昼をブッチした次の日、やっぱ一緒にいかがとお誘いをいただき、行ったら、社食だった。多分近所のもっと大きな会社のもの。スタジオに通っている障害者の方も、デザイナーの人たちも、同じところでいただいた。ビュッフェになっており、すきなものを選んでいただくことができた。トマトパスタとズッキーニのサラダ。とパン。
ふつうにおいしかったし、みなさんと顔を合わせてご飯できて、よかった。
あんま話せなかったけど。

IMG_3060.jpg
11.帰国前日、観光地としてオススメされた「ヴェナリア宮殿」の帰り道。のどが乾いていて何かいただきたく、小さなヨーグルトジェラートをいただいた。チョコがけ。小さめで安かったけど満足。ここの店員のお兄さんの笑顔がこの旅で一番素敵で、「惚れるわ」と思った。

IMG_3209.jpg
12.最後の晩、やっとグラフィックデイズらしい展示を見られた会場で。建物の裏に出ると、いくつか屋台が出ていて、その中から「イータリー」というロゴをみつけたのでそこのハンバーガーにした。
「イータリー」というのはトリノ発祥の食品デパート。そのトリノのお店は中心から少し離れていて、今回の旅では行けなかったから、グルメの国のそういうお店はどんなもんかなーという想像と期待があった。屋台ではあるけど、それを味見できてよかった。日本のマックより大きめの、ハンバーグも手作りっぽく味も肉っぽさ、素材感のよい、食べ応えがあるものをあつあつでいただいた。場所が暗かったので、ストロボをつけて撮った写真では、パテの中心がほんのり赤くて、明るいところで目でも楽しみたかったなーと思った。

ポスター旅行2019_トリノ1

未分類
01 /13 2020
コーヒーは大好きなので毎日おいしいコーヒー飲めてラッキーな旅。

IMG_2652.jpg IMG_2823.jpg
左)トリノで泊まったホテルは当たりでした!
清潔、お湯も普通に出るし、スタッフも感じのよい人たち。小さい街だし交通も悪くない。日本語で「トリノの情報」っていうのは少ないので、トリップアドバイザーを利用しました。5日間連続で必要だったので、万が一ハズレだったら変えることも考えなければいけないと思っていました。
イタリアの朝食を調べると、甘いブリオッシュなどとエスプレッソだけ、とのことでした。でも私はそれは辛い。ハムとか卵とかなんでもいいからしょっぱいものも必要。なので、コンチネンタルでない朝食を出してくれるところを選びました。(もうひとつの選択肢としては近くにそういう朝食を食べれるカフェなどがある所があればそれでもよかったけど、やっぱり地元をよく知ってるような人じゃないとわからない。)
そこではパンやジャムなどだけでなく、ヨーグルトやシリアルなど一通りいろいろそろっていて、卵は毎日ゆで卵ばっかりだったけどハムもチーズも毎日楽しみました。
ビュッフェで選んでいると、厨房の女の子が「エスプレッソ?カプチーノ?」と聞きに来てくれるので、毎日カプチーノを頼みました。おいしかったし、滞在後半には顔を覚えられていました。
あと、アーケードの上にここのテラスが作られていて、下は普通の道路です。通行人、車、トラム、鳥も。最終日は寒かったので中で食べたけど、その他は街の空気を楽しみながらいただけました。

右)観光の間にどっかで昼ごはんを・・と疲れていた時に、確かエジプト博物館だったはずだが、すごく疲れていて、お店を探すのも億劫だったので、手早く済ませたかった。
「エスプレッソとクロワッサンと水、○ユーロ」というセットで表示されていて、簡単そうだったので注文したものですが、お金を払っている時に棚にもっとおいしそうなものが。
疲れ+あせりは、本当に旅には禁物。

IMG_2979.jpg

IMG_2682.jpg IMG_2799.jpg
左下)初日、晩に着いて朝があけると、ジャンルーカさんが、「案内するので10時に来て」とのメッセージをくれました。展示も見れるし「ザンザラ」というスタジオも見れそうで楽しみに行きました。
路上の壁に貼ってあるポスターに感激しつつスタジオの中を覗くと、もう人が来ていて、通われている障害者の方、デザイナーのチーム5、6人などがいました。デザインのチームの人たちは机を丸く囲んだ配置にしており、ちょっと待ってね、という程でエスプレッソを出してくれました。
ちいさくてかわいいデミタスカップに半分のエスプレッソ。
きどらない日常の中にいきなり迎え入れてくれて、リラックスできました。

上・右下)その後近所のカフェに連れて行ってくれました。
さっきもエスプレッソをいただいたけどお店のエスプレッソも飲んでみたいなということでまた頼みました。
カプチーノはホテルでもいただいているので。
そしたら本当にちょびっとなので、本当にびっくしりたし、おもしろい。
デミタスカップの大きさはまあそんな感じやよ。でもそれの底に1cmに満たない量がへばりついている。うっかり砂糖もなしで飲んだら超苦くて、あわてて小袋を1つ全投入。なんとか飲める味に。
これをひっかけて仕事行くイタリア人。
パンの棚がうしろにあるんだけど、レジの清算の前に勝手に食べ始める人たち。後で自己申告するみたい。自由☆

イタリアで個展!

未分類
09 /27 2019
スクリーンショット

FacebookのLaboratorio Zanzaraのページより


なんだかすごい。
春にお誘いを受け、よくわからないまま物事を進め、本当だか信じられないまま期日?になり、つってもネット上に何にも上がらないな〜とおもっていました、私のポスター展。
一応サイト上にはBig in Japanというすごいタイトルで紹介はされていましたが!!!
やっと!!今日!!本当だったことがわかりました!!
写真がアップされました。。

イタリアトリノ市での「Graphic Days Torino」の中で、たくさん展示やイベントがある中、私のこれまでのポスター約40枚を、通りの壁をギャラリーに見立てて貼り、風景を変える、というような感じです。
個展といってもよいですよね?
外国で個展なんて、一生に1回あるかないかですよ!!
ほぼないですよ!!
ということは今日は私の一生で本当に一番の、すごい日なんじゃないでしょうか!!!
これまでお世話になったみなみなさまには感謝しかありません。
あなたです!
本当にありがとうございます。

あと、送ったのは実物大のデータなのですが、あちらの意向で?様々な大きさでプリントされていて、けっこう大きいものもあったりで、初めて写真たちを見たとき、自分のじゃないような、不思議な気持ちになりました。
こんな風に「客観的」に自分の作品を眺められるなんて、おもしろい。
うおー!!とびっくりして、けっこうキレイやな!!と思って。
「ALEXANDRITE(成田美名子)」でアレクが自分の写真を見て「すごい!→あ、これオレじゃん!」てなったやつを思い出しました。(巻数は不明)

ポスターってメディアが、ギャラリーとかじゃなくこんな風に屋外で雨風に晒されて見られるのが本来とすれば、本当に本当に貴重な機会です。

またちょっと行って見てきます!!
日々忙しくて全然下調べできていません。。

企画展「ロートレック、ミュシャ、U.G.サトー、宮川友子/特別所蔵ポスター&審査員ポスター展」

未分類
08 /18 2019
審査員展
全国高校生ポスターコンクールと同じ期間で、隣の部屋でタイトルのような展覧会があり、過去の作品などを展示しました。
自分的には作品を展示し(てもらっ)ただけなのですが、同じ部屋のメンバーがすごすぎて、部屋の統一感を心配するばかりでした。
コンクール授業者の高校生の中には来年度うちにきてくれそうな子がいて、それはとてもすてきー。

書いた文章の記録1

未分類
08 /14 2019
日本国際ポスター美術館
所蔵ポスター「あるある世界のスッゴイ!ポスター展」フライヤー

大垣の宝物(2019.8.4)

ヨーロッパに行ったことがある方は、街角に立っている「広告塔」を見たことがあるはずです。私もいくつか見ましたが、都市ごとに形が違い、比較するとおもしろいです。貼られるポスターの様子も都市ごとに違います。
また最初にワルシャワに行った時(2006年)は、街角には個人のデザイナーによる、いかにもポーランドらしい手描きイラストレーションによるポスターが多かったのに対し、最後に行った時(2014年)には大部分が大手広告代理店による、グローバルスタンタード的なものに入れ替わってしまったように感じられました。時間と共に様々なことも変化しているようです。

1997年、「現代フランスポスター展」の準備中、私はポスター美術館のボランティアに参加し始めました。フランスから届く大小の紙管。住所などのローマ字は達筆すぎて読めないのに大垣までちゃんと届き、ポスターを開くとおしゃれなインクの匂いがたちこめました。本当に貴重な経験でした。
倉庫でその開封と整理をし、作品に番号をふり「キーワード」をつけることが初めてのお手伝いでした。絵柄を見て「アヒル」などとキーワードをつけると、後々の、例えば「動物ポスター展」の時に展示作品として選ばれるという訳です。

その後、私もデザイナーとして外国のポスター展に応募したり、いくつかは入選したりしました。入選すると会場に展示されるので、その様子を見に行きました。やはりワルシャワ国際ポスタービエンナーレ、ラハティ国際ポスタートリエンナーレは別格で、世界中からデザイナーや関係者、地元の人や学生などの若い人が集まり素晴らしい場所でした。
そこでは、作品集やインターネットなどで顔を知っているデザイナーを何人も見かけました。みなさん誇らしげで個性を競い合っており朗らかでした。私は英語がうまくなかったので、たくさんは話せなかったのですが、みんなとても優しくて、そこにいられることが幸せでした。

美術館が所蔵している中で初期のポーランドのポスターはファンタジーでグロテスクな様子を描いたイラストレーションのものが多いです。今は軽いスケッチやタイポグラフィを自由に軽やかにレイアウトしたものが目にとまります。
フランスのポスターは一貫して色彩感覚がすごいです。どういう教育や環境でそうなるのでしょうか。描かれている内容は、彼らの話す言葉のように社会的で哲学的なものに触れられていることが多いです。
スイスのポスターは、スイスの国名が書体「ヘルベチカ」の名前の由来となっているように、文字によるデザイン(タイポグラフィ)に長けておりスマートです。
1枚のポスターには、本当に様々なものが含まれています。内容の主題もそうですが、使用される技術(アナログ→デジタル)のこと、作者のこと、その国の社会のこと、そのポスターを日本の大垣で見られること、重なった偶然も含めて鑑賞すればもっと味わい深くなるでしょう。

ラインのスタンプ作ってみたよ

未分類
02 /01 2019
「黄色い犬すて」→ https://line.me/S/sticker/6540291

スクリ

もしよろしければ使ってください!

「先生」になって前期・後期の授業がおわりやっと1年経とうとしています、、まだです。。
はじめてのこと、場所、人たち、、
非常勤講師の時とは世界が違いました。
わからなさすぎて他のことが全然できていない。

そんな中、オープンキャンパスで行う体験授業で「LINEスタンプを作ろう!」をやろうと、でもその前に一度まるっと自分で体験しておかなければということで、実際にやってみたという感じです。
想定していたより早く審査してもらえた。よかった。
スタンプの数が少ないからかな?

来年度はもうちょっと自分のことできるようにしたい。
仕事も創作?もじんせいも楽しみたい。

岐阜協立大学ロゴデザイン

未分類
11 /20 2018
協立大ロゴ
岐阜経済大学が平成31年度に岐阜協立大学となるにあたり、ロゴのデザインを引き受けました。
大垣女子短大とは法人が一緒です。看護学科が協立大学へ行くというので、夏から秋にかけての教職員合同の学習会にも参加しました。
そして、この画像にある「ともに立ち、向かう」というキャッチコピーが提案されました。
私もいくつもロゴの案を出し、最終的に「協」という字の図案化を、若葉色で表現したものが選ばれました。
貴重な機会に参加でき、ありがたいです!
学章とロゴは役割が違うのか、使われ所がよくわからないですが、出会えたらラッキーということで。

キャンプに関するメモ(デザイン関係ない)

未分類
11 /16 2018
DpXdM3jVsAAE2R1.jpeg

「ゆるキャン△」を観ていて好きだったが放送時はそれほどでもなかった。(それどころじゃなかった)
少し前にアベマTVで一挙放送をやっていて、「やっぱいいなあ!」となる。
コミックをKindleで読む(ちょうど最新7巻が出た)
どんどんはまり、私もキャンプがしたくなる。秋だし。

近くのアウトドアショップを検索するとモレラの中の「ロゴス」があった。
行って店を眺めチェアのいくつかに座ってみる。
座面が高いのが座りやすく、低いのは座ったり立ったりしにくそう。
でもしまりんは座面の低いのに座っているな。。など、しまりんのマネをしたらソロでも何かうまくいくのではないかと思う。
というのも彼女はキャンプ中級者として描かれているからだ。
しまりんの持ってるものをネットで調べたりするが、いきなり全部そのように揃えられるわけもない。
買う→満足→やめるまたは飽きる、は最悪だが予想できるパターン。。
またその間クマやタヌキなどの動物が心配になる。

大津谷キャンプ場が一番近く無料なのでコーヒーを飲みに行ってみる。観察する。
すごい人、テントで、そんな文化が流行ってる?のを知る。
少し現実に近づいて妄想も捗る。

名古屋に行ったついでにナディアパークで少し「モンベル」のお店を見た。目をつけていたチェアワンがあったので座らせてもらったが、意外とふわふわするので買わずに帰る。そのほか本格的でかっこよさげないろいろがあった。
地下もそのような店がいくつかあり今度はそっちも見たいなと。

先日モレラに再び行きロゴスでチェアにもう一度座る。この前より展示してある数が少ないような気がする。
「バタフライチェア」は大変座り心地がよかったが、たたんだ時の大きさが大きい。棒が長い。重い。
(座面が低いやつのはそれよりたたんだときの長さが短くなるが重さはあまり変わらない。)
あんな長さだとしまりんのように原付の後ろに乗せて行くのは不可能だ。(しないけど)
しまりんのやつのブランドのはどうかな。座ってみたいな。
座面が低い文化の方がポピュラーなんかな。
と思うがそうそう名古屋に行って店を見れるわけもない。

アマプラに入ったのでゆるキャン△をBGM代わりにヘビロテしながら日々を過ごす。
元気の出ない日々。
でもキャンプのことを考えているとその時間は楽しい。いろいろ忘れられる。
自分を元気付けるため、シングルバーナーを買い、それを眺めるのはどうだろうか!
ということでSOTOの、「ウインドマスター」と「4本ゴトク」を購入。セットだとアマゾンで数ヶ月待ちだったので、バーナーはアマゾン、ゴトクは楽天にだけあったのでそこで買った。
届いた!
屋外専用だって。家の中で試せない。
学校ではどうかな。おこられそう。

チェアはどんだけ悩んでも結論が出ない。
名古屋にも試しに行けない。
そして11月25日、コミティアがあるけどイスを1脚しか借りてない。もしK先生も来てくれるのならもう1脚あったほうがいいな!
ということで、もし先生が座るなら?ということを考慮しチェアワン系からチェアツーに変更、ロッキングフットも買った。
バーナーとチェアが我が家にそろった。
デーキャンプにならいけるー。
欲しいものはまだまだあるー。
まあまあ落ち着け。

早く帰れた今日、家で、しまりんが作っていたスープパスタをそのように作ってみた。
うまー。
一口食べて、これはキャンプしかない!と思い、しまっていたチェアをまた出して、誕生日にもらった赤ワインを開けて共に楽しんだ。インドアキャンプ!
練習によい。(^^)

キャンプに関する本も少し買って読んでみているけど、そういえばキャンプって流行ってるんだ?というようなことに、最近も含め人生でいろいろニアミスをしてきたのに、これまで全く興味わかなかった、ってことを考えるのがちょっとおもしろい。

さて、、

コミティア126に出ます

未分類
11 /07 2018
11月25日(日)、東京ビッグサイトで行われる「コミティア126」に出店します。

スクリーンショット

コミティアとは「自主制作漫画誌展示即売会」で、「コミケ」はいわゆる二次創作などたくさんある中で、こちらは創作に限った本やグッズそのほか作品などの販売会だと思っています。

何を出すかというと、昔の本なのでその時の知人のみなさんはだいたい手に取ったことがあると思います。画像のように「お品書き」?を作ってみると、2006年から2014年にかけてのものということがわかりました。

「ポスター旅行」の本と「図工の思い出」の本です。

どちらもその時の本気で作っておりつたない部分がありますが、ただ死蔵しておくのは引っ越すたびに辛いので、ある程度手元に残しあとは放出したいと思いました。
とはいえ売れることは全然期待しておらず、コミティアがどんな場所か、または万が一足をとめてくださる人がいらっしゃるのであればどんな方か、観察したいです。

今となってはなのですが、なんで本作った当時、売ろうと思わなかったのかな、というのが悔やまれます。まあそういうことができるとは知らなかっただけなのですが、タイムマシンがあったら教えに行きたいです。。
やっぱ売ること考えるともっとシナプスが違うとこを刺激したはず。また違う出会いがあったかも、など過去のことは置いとこう。

今の環境でできることを。自分にも、学生さんにも。

極小美術館 加藤由朗展、南谷富貴展OP_2018.7.8

未分類
09 /03 2018


先日終了しましたK先生の個展のOPの写真のアルバムです。
極小美術館の展覧会はいつもOPには行くけどまあそれっきりかまたは何かイベントがあれば1度ぐらいは行く感じなのですが、やっぱ先生のお客さんということもあり私も何度も行きました。
先生の学生さんや、お友達、親戚の方、U.G.サトーさんなどもきてくださった。
今回のはtwitterにも書いたけど、前回の個展からの日々の作品と、このための「蕾」をテーマにした新作で構成されていました。1階の壁は4面あるのに使ったのは2面と、空間の真ん中にヨーロッパの広告塔を模した?紙管を配置しました。
内容は写真の通りです。

だいたいグラフィックデザイナーは作品作るために生きてるんじゃないので、展覧会などを開くというイベントは普通に貴重なのですよ。そういうとき折々に会いたい人に会いおしゃべりをし情報交換などするのですね。
そしてまた会えるようにがんばるのです。

— — — — — — — — — —


たまに聴くとすごくあああああーってなる曲

Tomoko Miyagawa

いいもの、たくさん見よう!
デザイン・イラストのお仕事募集中!
1 minute graphic

図工の思い出プロジェクト

Follow m8gw10mk on Twitter
デザイン鑑賞部 #1